旧車GS400のちょび悪仕様に挑戦します。

フェックスもイイ感じに出来、次はSUZUKIのGS400を作ります。
20071215_gs40001

キットを全部見ましたが、色んな意味でFXよりも精度がすごい。お馴染みのヘルメットが入っていますが、改造パーツは少ないです。ちゃんと組めるかな・・・。

基本的に400ccなどの中型クラスの拘りは、あまりよく判らないのですが、GS400は周りに乗っていた人間が居なかったため、本当に全く判りません。

とりあえず、ウェブやチャンプロードで確認しながら、今までの経験とキット内で、出来るだけかっちょ良いのを作れるように、頑張ってみます。

エンジンなど小物系塗装中

エンジンや小物など、メッキシルバー系を塗装中なり。
20071216_gs40001

エンジンも塗装中なりぃ。
20071216_gs40002

今回メッキシルバーの塗装は、黒光りさせるため、あまりガンガン吹かないようにしてます。若干ブラックの下地が残るようにして、さらにエナメルフラットブラックでウォッシング。深みのある金属が表現出来ればいいなぁって感じっす。

アルクラッド2のクロムを使おうと思ってたんですが、塗料がけっこう弱く、スミ入れするのも難しいみたいなので、今回は使うのやめておきました。でもどこかのタイミングで使ってみたいなぁ。ビージェイの店員さんは、メッキシルバーなんて比じゃないって言ってたしなぁ。

このGS400のキット、どこで族車の色を出していくか、けっこう悩んでます(^_^;;

ボルトの再現や、キャンディパープル塗装などなど

ホイール完成。
20071221_gs40001

塗り方は、サフ→ブラック→薄くメッキシルバー→エナメルフラットブラックをエアブラシで塗装して、シルバー部分だけエナメル溶剤で剥がす。Z400FXの時と一緒のやり方です。

さらに、六角プラ棒1.0mmを使い、フロントディスクのボルトを再現してみました。
20071221_gs40002

横から見るとボコボコってしてて、それっぽいんだぜぇ。
20071221_gs40003

フレームにエンジンも載せました。
20071221_gs40004

エンジンのカバー類は、純正だと黒塗りの上に文字が浮き出てます。メッキシルバーの上にエナメルブラックを筆やエアブラシで塗ったのですが、どうも上手くいきません・・・。よって、若干汚してメッキシルバーのままでいきます。

エンジン全体は、サフ→ブラック→薄くメッキシルバー→エナメルフラットブラックでスミ入れ&汚し。
フレームは、サフ→つや消しブラック→トップコートつや消し。
フレームのボルト部分は、エナメルシルバーに若干エナメルフラットブラックを入れ、筆塗り。

基本的にいつも、ボルト部分などのシルバーは全て少量ブラックを入れて、若干暗めで塗装するようにしてます。つまようじで取ったとして、シルバー5滴にブラック1滴って感じです。

こいつらもほぼ完成。
20071221_gs40005

ヘッドライトの中身はメッキシルバーを吹き、レンズ自体はエナメルフラットブラックでスミ入れをしてあります。これも基本的にいつも、テールランプやウィンカーなど、クリアーパーツは全て内側からブラックでスミ入れをしています。

一番右の三又の・・・、なんていうんでしたっけ、このフロントフォークに刺さるヤツ。その刺さるヤツのリフレクター部分は、メタルックを貼ってクリアーレンズを反射させるようにしています。もちろん、そのリフレクターも内側からスミ入れし、これから貼り付けます。

外装も、あとは仕上げのクリアーと磨きです。
20071221_gs40006

今回は、シルバーの上にクリアーカラーを吹いて色に絶妙な深みを与える、キャンディ塗装に挑戦してみました。

写真では判りづらいですが、色はパープル、キャンディパープルです。サフ→ブラック→シルバー→クリアーパープル。クリアーパープルという色は売ってないので、クリアーカラーを混ぜて作りました。

クリアーブルー[1]+クリアーレッド[1]+スーパークリア光沢[2]、って感じですね。このくらいの単純な色だったら、なんとか作れました。

ブルーとレッドだけでパープルは作れますが、濃すぎるのでスーパークリアを入れて薄め、更なる光沢を求めました。エアブラシで塗る時は、通常通り2倍で薄めました。上記の例でいうと、レベリング薄め液は4ってところです。

キャンディ塗装って本当に素敵な色だなぁ。

シートも完成っす。
20071221_gs40007

このGS400のキットは3種類のシートが入っているのですが、とりあえず今回は、湘南爆走族シートを選びました。

このエナメル革張りの塗装やってみたかったんですよ。塗装は、サフ→ブラウン→ブラウン+フラットブラックでスミ入れ&汚し。

自作のオリジナルデカール製作って悩むなぁ

後輪も組みあがり。
20071222_gs40001

メッキチェーンケースにしたんですが・・・・、左のサスがチェーンケースに干渉してしまい、曲がってしまいました。
20071222_gs40002

サス側を削ったらカッコ悪くなると思い、そのまま付けたのですが、ちょっと失敗かな。

外装も完成。
20071222_gs40003

仕上げは、デカール貼り後クリアー×2→2,000番で水研ぎ→コンパウンド細目→コンパウンド仕上げ目→モデリングワックス、の順です。

外装について、バイク用 自作オリジナルナンバープレート製作の時に使ったタトゥーシールで、オリジナルのタンクエンブレムやサイドカバーエンブレムを作ったのですが、試しにプラバンで研ぎ出しまでやってみたところ、剥がれてしまって、どうもしっくり来ませんでした。

やっぱ自作のオリジナルデカールって、熱転写かミラクルデカールしかないのでしょうかね。ミラクルデカールはけっこうクセがあるみたいで、なかなか手が出せないです・・・。どうしたらよいかなぁ。

バイク用 自作オリジナルマフラー製作

用意するのは、3.0mmのアルミ丸棒、金属ハサミ、ペンチ、マスキングテープ。金属ハサミは自作のハンドルを製作に使用した物と同じです。

ハンドルの時は、タミヤのエッチングベンダーを使っていましたが、3.0mmとなると歯が立たなかったので、ペンチを使いました。

アルミ丸棒3.0mm。ホームセンターや東急ハンズで購入できます。
20071224_gs40010

さっそく付ける場所の位置合わせをしたのですが、センタースタンドのステーが微妙な位置にあり邪魔です。
20071224_gs40001

仕方ないのでブッタ切りました。
20071224_gs40002

エンド部を使って、こんな感じで位置決め。
20071224_gs40003

エンジンとエンド部の間には、マスキングテープを何重かに重ねて、隙間を開けておきました。

ガムテープの芯など、硬く丸い物に当てながらアルミの丸棒をいったん大きく曲げてから、2本に切断し、それぞれを合わせていきます。

切断後、綺麗に付くように曲げていくのですが、これが難しかった。細かく曲げていくので、指だけだと限界がありさらにタミヤのエッチングベンダーでは硬くて曲げられません。仕方ないので、普通のペンチを使ってちょっとずつ曲げていきました。

付けては外し、付けては外し、何度も調整します。
20071224_gs40005

左側はこういう感じで付けます。
20071224_gs40004

同じく右側も何度も調整します。
20071224_gs40008

こんな感じで。
20071224_gs40006

2本できました。
20071224_gs40009

両方とも付け、接続部に瞬間接着剤を思いっきり流し込みます。
20071224_gs40007

十分に乾くのを待ってから、塗装の為にいったん外します。
20071224_gs40011

通常ならここでサーフェイサーを吹き、塗装へと入っていきますが、アルミは塗料の食いつきが良くないので、サーフェイサーの前にメタルプライマーを吹いておきます。

金属類の塗料の食いつきを良くする為の物で、今回みたいにプラスチックと合体してる時でも、構わずプラスチックにも吹いちゃって大丈夫です。

メタルプライマーを吹いた後。透明です。
20071224_gs40012

メタルプライマーが乾いたら、サーフェイサーを吹きます。今回は、雨が降っていたので家の中でビン入りの1200番を吹きました。ペンチの曲げ跡がくっきり出ちゃってますね。
20071224_gs40013

このままだとボコボコなので、いったんパテで埋めてみました。
20071224_gs40014

パテ埋め中、せっかく位置合わせをしたのに、ボコッと外れてしまいました。位置合わせする前にやった方が良かったですね。今回はパテを盛りましたが、持っていれば500番のサーフェイサーの方が良かったような気がします。

パテ埋め後、400番→800番→1,000番と削っていき、晴れていたので今度は1,000番の缶サーフェイサーを吹きました。

改めて位置決めをし、接着。
20071224_gs40015

位置を決めたら外して、再度1,000番のサーフェイサーを吹きました。まぁ、曲げ跡は大体消えたかな・・・・。
20071224_gs40016

つや消しブラックで塗装し、くっ付けました。
20071224_gs40017

あんま綺麗なアールっていうんですか、曲線が描けてないですね。集合部も、差し込みましたーって感じであんま良くないっす。
20071224_gs40018

ま、オッケーっしょ。とりあえず、初めてってことで良い勉強になりました。どうやったら綺麗な曲線を描けるんだろうなぁ・・・。

外装やメーターなどを付けました

大体カタチが出来てきました。
20071224_gs40019

どうですかね。
20071224_gs40020

メーター。
20071224_gs40021

メーター周りのエナメル塗装面を侵しちゃマズいと思って、水性クリアーを乗せたのですが、ラッカーでやるべきだったのかなぁ。

ハンドル取り付け完了

フェックスの時と同じ要領で、ハンドルも完成。
20071226_gs40001

スロットルケーブルのL字部分も同じ。今回は黒く塗ってあります。
20071226_gs40002

なんかこう・・・、やっぱりシートやカウルが欲しいやね。キット内だけでやろうとすると、あんまり満足出来なくなってきた。ペースも落ちてきてるし。どうにかならないかねぇ・・・。せるさんのZ2用のシートとか在庫切れのヤツ、また作ってくれないかなぁ。

今回のナンバーは5555、5のゾロ目

お馴染みのナンバーもオッケ。
20071227_gs40001

リアフェンダーにネジ留めしてしまうと、後で外すのが面倒になってしまうので、ナンバー角度を変更できるようにしつつ、0.3mmのアルミ板を挟んでおきました。

ケーブル類も取り付け、ひと通り完成

ケーブル類も付けました。
20071228_gs40001

スロットルケーブルやクラッチケーブルは、黒針金0.8mmでタンクの中にブチ込み。ブレーキホースは、ステンレス線0.7mmにしました。フェックスの時、ブレーキホースも黒針金でやっちゃったんですが、延長した場合ってメッシュホースになりますよね。

まー、このステンレス線の取り回しがまた大変だったこと。硬いから、ギリギリまで形作っておかないと、取り回してからじゃ調整できない。調整してると、他のパーツとぶつかってて取れちゃいそうになってしまう。

ケーブル類の取り付けに関して、金属線を使うと、オス同士で取り付けられません。なので、接続するためのパイプを作ってやる必要があります。フェックスの時は、ウェーブの真鍮パイプNo.1を使いましたが、今回は1.0mm丸棒に0.7mmの穴を開けて接続しました。

真鍮パイプの切断って苦手なんですよね。カッターの刃を当てて、コロコロ回せってのをよく見るんですが、コロコロ回してると、刃の位置がドンドンずれていっちゃう。かといって、力を入れるとパイプが潰れちゃう。

真鍮パイプに集中するよりも、丸棒に集中した方がやりやすかったので、今回は丸棒を使いました。

これで完成でも良いのですが、もうちょっと族車の味を出せないかと、チャンプロードを読んでいたところなんか出来そうなのが1つあったので、最後に挑戦してみたいと思います。

フェックスの時と同じく、出来なかったらこれで完成としちゃいます。

自作ピヨピヨバイザー製作&完成

GS400最後に族車の味を・・・ということでしたが、ピヨピヨを作ってみました。
20071228_gs40024

0.2mm厚のアルミ板で作ってみましたが、どうでしょう?今出来ることって言ったら、これくらいかな・・・。

では、作り方です。

手順

  1. アルミ板を丸く切り抜く。
  2. 半分に切る。
  3. さらにツバの長さに調整して、切る。
  4. 曲げる。
  5. 付ける。

アルミ板は0.2mm厚のものを使います。東急ハンズや、ホームセンターにあります。
20071228_gs40002

丸く切るための、サークルカッター。ハンズやホームセンターで、300~400円くらいかな。
20071228_gs40003

ノギス。定規でもなんでもいいです。
20071228_gs40004

100円ショップのステンレスハサミ。0.2mmなら通常のハサミでも大丈夫ですが、ステンレスの方が切りやすいです。
20071228_gs40005

それでは、作っていきまーす。

まずは、半径12mmの丸いアルミを作ります。そのまま円を描こうとするとデカすぎるので、ちょうど良い大きさにアルミ板を切ります。
20071228_gs40006

このくらいで。
20071228_gs40007

ノギスとサークルカッターを使い、12mmを測ります。
20071228_gs40008

切り取ったアルミ板に、サークルカッターで円を描きます。
20071228_gs40009

このまま切り抜くのはけっこう難しいと思いますので、印を付ける感じでよいです。

こんな感じですね。
20071228_gs40010

ここから丸くハサミで切ろうとすると、アルミなので切ってる最中に歪んでしまいます。なので、直径を長さとした四角にいったん切り抜きます。
20071228_gs40011

こんな感じ。
20071228_gs40012

それから端を丸く切っていき、切り抜きます。
20071228_gs40013

その丸く切った円を、半分に切ります。
20071228_gs40014

もちろん半径は12mmですね。
20071228_gs40015

このまま使っても良いのですが、若干ツバが長いかなと思います。だったら、もっと小さい円を作れば・・・と思いますが、小さくすると今度は幅が狭くなってしまいます。なので、いったん大きく切り抜き、そこから適当なツバの大きさに切り分けます。

半分の6mmくらいにします。
20071228_gs40016

こんな感じで。
20071228_gs40017

指でしならせるようにして、綺麗に曲げてあげます。
20071228_gs40018

こんな感じで付けます。
20071228_gs40019

上記の大きさに決まるまで、色々試してみました。

半径5mmの円を半分に切ったもの。ちっちゃ。
20071228_gs40020

半径7.5mmの円を半分に切ったもの。ツバの長さは長いくらいなんですが、もうちょっとヘッドライトの横まで来てほしいです。
20071228_gs40021

半径10mmの円を半分に切ったもの。でかっ。でももうちょっと幅は欲しい。
20071228_gs40022

上記の10mmの半円を、さらにツバの長さを8mmに短くしたもの。
20071228_gs40023

試行錯誤した結果、12mmで円を作り6mmに縮めるという風にしました。

最後にスミ入れ&汚して完成。これは好みの問題ですね。
20071228_gs40024

最後にやったのでヘッドライトリムに接着してますが、ヘッドライトを組むときに、リムかレンズを削って差し込むようにした方が、見栄えが良いかなぁと思います。

ということで、これにてGS400完成。後半スローペースになっちゃいましたが、製作期間は大体2週間くらいですか。ま、いいんじゃないですかね。

GS400完成写真一覧

画像をクリックすると、かなり大きい画像が別ウィンドウで表示されます。

キャンディパープルが上手く写ってくれないので、全体的に若干赤味を帯びさせています。

この記事は、2007年12月29日に書かれたものです。FC2の旧ブログからの引っ越しに伴い、加筆、修正しました。

「バイクプラモデル製作工程」の人気記事はこちら