一流プロモデラー達のDVD、第二弾は「プラモつくろう プロたちの超絶テクニックを映像で観る Vol.2 エアモデル」です。

プラモデルの題材は、 太田 一(おおた はじめ)さんが作る「三菱A6M3 零式艦上戦闘機22型」と、神保 博司(じんぼ ひろし)さんが作る「リパブリックP 47Dサンダーボルト バブルトップ」です。

戦闘機に関しては全然判りませんが、カーモデル編よりも細かい作業が多く観られ、プラモデルのテクニックはすごいものがありました。

以下がアマゾンのレビューです。

プラの作成例が、映像でみれるシリーズの一つです。残念ながら、シリーズの中では内容はイマイチです。エアーモデルとはいっても、現在の戦闘機の作成例はありません。

零戦がメインですが、大したテクニックは出てきませんでした。雑誌などで勉強するか、自分なりに色々試してみる方がいいと思います。値段が4,000円ほどなので、キット一つは買えるのでキットを買う方をオススメします。

アマゾンはこちらです。
プラモつくろう~プロたちの超絶テクニックを映像で観る!~Vol.2 エアモデル [DVD]

本の写真説明とは違い、プロの細かい動きが判るので勉強になり、 一つのDVDとしても楽しめると思います。 それでは簡単ではありますが、プラモつくろう Vol.2 エアモデル編の中身を紹介していきます。

まず、表紙です。
20071012_dvd01

一発目は、命のエアモデルアーティスト太田一さんです。
20071012_dvd02

題材は旧日本軍の戦闘機です。
20071012_dvd03

当時を再現するために、ピンバイスで加工してます。
20071012_dvd04

計算の上、ランナーから切り離さずに塗装。
20071012_dvd05

細かいところに筆塗り。
20071012_dvd06

特殊な接着剤を使用します。
20071012_dvd07

スス、とホコリの表現を行います。
20071012_dvd08

この後も太田さんのこだわりは続き、今にも動き出しそうな戦闘機が完成されました。

次は、エアモデル・エンジニア 神保博司さんです。
20071012_dvd09

題材はこの戦闘機。
20071012_dvd10

立体感にこだわってます。
20071012_dvd11

隙間にプラ版を入れての、ヤスリ掛け。
20071012_dvd12

消えかかったモールドを復活させてます。
20071012_dvd13

こまかい事、してます。
20071012_dvd14

リアリティを追求するため、自作加工をしています。
20071012_dvd15

こちらもまた、自作加工などで素晴らしい戦闘機が出来上がります。

以上で紹介を終わります。 普段は本のように中身の見れないDVD、 雰囲気をつかめて頂ければ幸いです。

アマゾンはこちらです。
プラモつくろう~プロたちの超絶テクニックを映像で観る!~Vol.2 エアモデル [DVD]

この記事は、2007年10月12日に書かれたものです。FC2の旧ブログからの引っ越しに伴い、加筆、修正しました。

「参考にしたDVDや本」の人気記事はこちら