今まで以上に細かいディティールに拘り、製作してみました。原作にゼッツーは出てきませんが、もし出てきたらこんな感じがカッコイイかなと、ぼくのオリジナルです。

阪東秀人くんなんかに乗ってもらったら、嬉しいなと思います。

■自作改造点やディティールアップ

  • エンジンフィン薄加工
  • キャブファンネル金属化
  • ブリーザーパイプ追加
  • ステム部ボルトモールド追加
  • エンジン、スイングアーム、サイドスタンドはアルミ棒を使い精度アップ
  • タンク、サイドカバー、テールの武装戦線マークは自作デカール
  • メーターレンズ表現加工
  • スロットルケーブルL字部分表現加工
  • ハンドルポストのボルト部にインセクトピン加工
  • オイルクーラー部ステンレス棒加工
  • オイルクーラーホースメッシュ化(モデラーズの2種類の中間くらいの太さ)
  • 黒いケーブル類は極細ブラックコード
  • ブレーキホースをメッシュ化
  • フロントとリアのホイール接続部にボルトモールド追加
  • フロントとリアのブレーキキャリパーボルトにインセクトピン加工
  • アンコ抜きシート パインピングライン追加
  • 黒ボディコニーリアサス自作
  • リアサスボルト部にインセクトピン追加
  • タイヤペーパー掛け
  • モナカマフラー直管加工
  • 湘南1ナンバー自作
  • ナンバーボルトにインセクトピン加工

■塗装に関して( F=フィニッシャーズ、G=GSIクレオス )

  • 外装:Fファンデーションホワイト+Fピュアブラック→Gスーパークリアー
  • フレーム:Fセミグロスブラック
  • マフラー:エキパイはFピュアブラック→Fスーパーフラットコート
    サイレンサーはGスーパーファインシルバー
  • フロントフォーク:Fフォーミュラクローム
  • エンジン:Gつや消しブラック、Gメッキシルバーなど

細かい部分は、Fピュアブラック、Fクロームシルバー、Gメッキシルバー、Gスーパーステンレスなど、調合と合わせて部位に合った色を使っています。

汚し、スミ入れは、タミヤエナメルカラーのフラットブラック+フラットベースを基本とし、色々調合して被せてあります。

■外装の仕上げ方法

  1. 光沢スーパークリアー×2
  2. デカール
  3. 光沢スーパークリアー×5
  4. 2000番で水研ぎ
  5. タミヤコンパウンド粗目
  6. タミヤコンパウンド細目
  7. タミヤコンパウンド仕上げ目
  8. タミヤモデリングワックス

今回は今まで以上にディティールアップに拘りました。写真では判りづらいかもしれませんが、各部にボルトモールドを追加し、汚しをちょっと大げさにすることで、グググッと精密感、バイクらしさがアップしました。

デカールも自作することで、世界に一台のオリジナルに仕上がったと大変満足しています。

この記事は、2008年4月23日に書かれたものです。FC2の旧ブログからの引っ越しに伴い、加筆、修正しました。

「バイクプラモデル製作工程」の人気記事はこちら