製作開始。車アフェクション HONDA オデッセイ

第二弾は車です。「アフェクション HONDA オデッセイ」このゴツイ感じがたまらねぇ。
20070924-od01

リアも迫力ある。
20070924-od02

中のパーツ。バイクよりいっぱいある気がする。
20070924-od03

さぁ、はりきっていきましょ。

塗装、下地処理1「サーフェイサーを吹く」

最初の工程で、フロントディスクの組み立てがあるけど、今回も車体の色を変えるので、先にボディの塗装をやります。塗装のやり方としては、以下の6工程です。

  1. サーフェイサーを吹く
  2. 1000番のヤスリを掛ける
  3. カラーを2回吹く
  4. クリアーを2回吹く
  5. 2000番のヤスリを掛ける
  6. コンパウンドで磨く

これは「プラモつくろうVol.3 カーモデル」の長江さんがやっていたやり方をマネています。

サーフェイサーやカラーの吹く回数は判んないけど、2回くらいでいいっしょ。4.のクリアーを吹いた後に5.で2000番のヤスリをかけますが、長江さんは、クリアーを吹いた後、デカールを貼り、ウレタンクリアーを吹いてから、2000番のヤスリを掛けています。

さらに、6.のコンパウンドは仕上げ目ですが、長江さんはその前に、粗目のコンパウンドで磨いています。

それではやっていきます。まず塗装する前に、サーフェイサーを吹いて下地処理をします。使うのは、MR.HOBBY Mr.SURFACER 1000(グレータイプ)。
20070924-od08

青いパーツが車体色共通みたいだ。
20070924-od04

大きなボディ以外は、ネコの手2でセット。ただ、挟む部分が無さすぎてかなり悩んだ。大きなボディは、空き瓶のキャップを外して両面テープを付け、その上にセット。「プラモつくろうVol.3 カーモデル」で長江さんがやってた。
20070924-od05

サーフェイサーを吹き付けたあと。横にスッと吹いて止める。また、横にスッと吹いて止める。これも、「プラモつくろうVol.3 カーモデル」で長江さんが言ってたな。
20070924-od06

綺麗に塗れた。
20070924-od07

この次だけど、サーフェイサーって重ね塗りするもんなのかな。よくわかんねぇけど、乾いたらもう一回吹いておこう。また剥げたらイヤだし(^_^;;

塗装、下地処理1-2「サーフェイサーを吹く」

再度、サーフェイサーを吹き付ける。Mr.SURFACER 1000番が1本しかなく、無くなりそうなので、1200番を使う。
20070925-od03

さっきよりグレー感が増したような気がする。
20070925-od01

ま、これでオッケーっしょ。
20070925-od02

塗装、下地処理2「1000番のヤスリを掛ける」・・・失敗

では、フィニッシングペーパーで磨いていきます。下地に使うペーパーは、TAMIYA FINISHING ABRASIVES P1000番です。
20070926-od01

裏。
20070926-od03

そのままだと大きすぎるので、こんな風にハサミで使いやすく切ります。
20070926-od04

ヤスる前。サーフェイサー1000→1200と2回塗った状態。
20070926-od02

では、磨いていきますか。

ハ、ハゲた。
20070926-od05

特に角が剥げてるなぁ・・・。サーフェイサー吹き足りねぇってこと?5、6回ぐらい吹かなきゃいけないのかな。とりあえずボディだけで、細かい部品はまだだから良かった。「プラモつくろうVol.3 カーモデル」の長江さんは一体何回吹いてたんだろう。

塗装、下地処理1-3「再びサーフェイサーを吹く」

サーフェイサーを吹いたあと、1000番でヤスったら剥がれてしまったので、再度サーフェイサーを吹くことにする。ただ、もっと細かい目でヤスった方が良いというコメントを頂いたので、試しに別のパーツを2000番でヤスってみる。しろうさぎさん、ありがとうございます♪

リアウィング、ヤスる前。
20070927-od01

ヤスった。角がやっぱりちょっと剥がれた。
20070927-od02

う~ん、力を入れすぎなんだろうか。とりあえず、再びサーフェイサーを吹いた。
20070927-od03

簡単で良いみたいなので、乾いたら、やさ~しく2000番でヤスってみよう。

塗装、下地処理2「2000番のヤスリを掛ける」【動画】

やさしくやれば大丈夫っぽいので、2000番のヤスリで磨きました。

と、こんな感じっす。
20070927-od04

他の部品達。
20070927-od05

写真じゃちょっと判りづらいけど、スベスベになった。

塗装、下地処理3「カラーを吹く」【動画】

一回目のカラー吹き。使うのは、Mr.COLOR 78番 メタルブラック
20070928-od06

メタルって感じが超ヤベェかも。

「カンペキ塗装ガイド」には、20~30cm離れて吹くとあったけど、どうも遠すぎるような気がする。

ざらざら感はあるけど、かなり黒びかりした(^_^)
20070928-od01

他の部品達も塗った。
20070928-od02

2回吹く予定だったけど、Z1~Rの失敗があるので、3回吹きました。
20070928-od07

う~ん、ビューティホー。

工程1「フロントディスクの組み立て」(ローダウンタイプ)

塗装、下地処理も、いったん落ち着いたので、組み立てをやっていく。まずは、フロントディスクの組み立て。
20070929-od01

ノーマルとローダウンがあるけど、このキット買っといてノーマルは無いっしょ。

接着剤が着いちゃいけない所を気を付けて、はい、完成。
20070929-od02

あ、塗装はしないよ。ブラックの方が好きだから。いやいや、見えない部分だからって、手抜きじゃないよ。

工程2「フロントユニットの取り付け」

20070929-od03

これも接着剤が着いちゃいけない所に気を付けて、はい、オッパッピー。
20070929-od04

あ、ひっくり返した状態になってんのね。だから逆八の字になるのか。黒は塗んねぇよ。だってもう黒いし。

工程3「リアディスクの組み立て」(ローダウンタイプ)

20070929-od05

これもローダウンタイプで組み立て。はい、チントンシャンテントン。
20070929-od06

工程4「リアユニットの取り付け」

20070929-od07

はい、これも余裕、と思いきや、この状態の時、リアディスクが下に行けば行くほど、車高が下がるってことだよね。んふふふぅ~下げるっしょ。

フェンダーの辺りカットすればなんとかなるだろ。

タイヤをハメた状態で調整するから、リアディスクだけは保留にしときましょう。
20070929-od08

はい、エキパイ塗りません。だって、見えねーじゃん。

工程5、6「インパネの組み立て」「シートの組み立て」

20070929-od09

インパネ完成。
20070929-od10

シート完成。
20070929-od11

オールブラック。しびぃ。

工程7「内装の組み立て」

20070929-od12

はい、内装出来上がり。
20070929-od13

内装はオールブラック。 ま、外から全く見えなくなるワケだし・・・ぐふふふ・・・。

真のフルスモークとはこれだ【動画】

内装は外から見えなくなる、なんて言ったワケとは・・・そうです、フルスモークにするからです。そんじょそこらの気取ったパンシャのフルスモとは違いますぜ。真の「フル・スモーク」にします。

真の「フル・スモーク」とは、前も、前横も、後ろ横も、後ろも、ぜんぶまっくろ。しかも中途半端なスモークにはしない。一番濃いスモーク。ホントにマックロ。マックロマックロ。

では、やっていきま~す。キットの状態としては、前と前横はスケスケなクリア、後ろ横と後ろはややスモーク掛かってて、茶色い。
20070929-od14

さぁ、どうやってスモークにするかというと、裏から黒を筆塗りします。使う塗料は、Mr.COLORの157番、その名も「スーパーブラァァック」。

「スーパーブラック」です。
20070929-od15

間違えちゃダメだよ。黒じゃないんだよ、超・黒なんだよ。

筆は安い5本セットのヤツを使いま~す。
20070929-od16

VIP車オデッセイ:真のフル・スモークへの道

こんな感じ。真っ黒でよくわかんないな。
20070929-od17

やべー、早く組みてぇ~。

工程12-1「タイヤ&ホイールの取り付け」【動画】

車高を落とす加工をするために、先にホイールを組み立てます。
20070930-od01

ホイールは、ホイール部とリング部に別れていて、接着しなければならない。
20070930-od02

メッキなので、接着する面をいったん剥がしておかないと、すぐに取れてしまいまうので、注意。

他の組も同じように。はい、完成。
20070930-od03

塗装、下地処理4「クリアーを2回吹く」

メタルブラックをしっかりと塗れたので、最後にクリアーを吹く。クリアーはZ1-Rで使ったMR.HOBBY B-501「光沢トップコート」を使用。

吹いた。
20071001-od01

うん、さらに光沢が出た感じ♪
20071001-od02

塗装、下地処理5「2000番のヤスリを掛ける」【動画】

それでは、クリアーも乾いたことなので、ヤスリで磨いていこう。使うヤスリは、タミヤの2000番。今までそのまま磨いてたけど、水使って水研ぎするやり方もあるので、今回は水研ぎでやります。水使った方が剥がれにくいような気がする。

ヤスリで磨くと、今までの光沢は無くなります。次の仕上げ目コンパウンドで、今まで以上に光沢が出るので、むしろ、しっかり光沢が無くなるまでヤスりましょう。ヤスりすぎると剥げるから、その辺は適度に。

磨く前。光沢はあるんだけど、ざらついてるのも判る。
20071003-od01

そいでは磨いていきまっしょ。

磨いた後。さっきまでの光沢は無くなり、鈍く光ってる。
20071003-od02

磨く前と磨いた後で、比較してみよう。
20071003-od04

明らかだね~。まだまだだと思うけど、こんな感じで光沢が鈍くなればオーケー。その鈍くなったところが、仕上げ目コンパウンドにより今まで以上に輝きます♪

塗装、下地処理6「コンパウンドで磨く」【動画】

ヤスリの研ぎ出しも終わったので、仕上げにコンパウンドで磨いていきます。使用するコンパウンドは、タミヤのコンパウンド仕上げ目です。他に、粗目、細目とありますが、仕上げ目を使います。

これが磨く前。鈍く光ってますね。
20071004-od01

では、磨いていきま~す。

これが磨いた後、光沢が出てるの判りますか?
20071004-od02

磨く前と磨いた後を比較してみましょう。
20071004-od05

これはまだまだ甘いですね。もっと磨けば、もっと輝きます。これがさらに磨きをかけた全てのパーツです。
20071004-od04

20071004-od03

まだまだ甘いかもしれないけど、やり方としてはこんな感じです。

パーツ、破壊された。

20071004-od06

パーツ、

破壊された。

左サイド部分のエアロ。

犯人は・・・

こいつ
20071004-od07

いやー、マジどうしよー。なんでもおもちゃにしやがる。このあいだなんて、ケツの穴から発砲スチロール出てきたからね。あ~・・・、箱のフタ閉めないで下に置いといたのがバカだったなぁ。

工程8「ボディ前部の組み立て」とメッキグリル

塗装も終わったことなので、一気に組み上げていきます。
20071005-od01

一応組み上がりました。
20071005-od02

20071005-od03

左サイドのエアロが無いってのは、置いといて・・・。ライト付近のグリル部分、メタルックを使ってメッキグリルにしようとしたんですが、キットにメッキシールが付属されていたので、それを使いました。
20071005-od09

いや~、大変だった。あっち付けりゃこっちが外れる、こっち付けりゃあっちが外れる。接着剤が手についてベタベタになるから、塗装したとこもちょっと溶けてるし。どうやったらもっと綺麗に組めるんだろ。

メッキシールにしても、細かいところは難しいな。貼っても剥がれてくるし。今度は、メタルックを使ってみようと思います。

工程9「リアハッチの組み立て」

さぁ、もう終盤ですね。
20071005-od04

スモーク仕様のウィンドウを付けて、リアハッチ、組み上がりました。
20071005-od10

接着剤、はみ出てるし。(^_^;;

工程10「ボディ後部の組み立て」完成

ボディ後部の組み立てから、完成まで一気にいっちゃいます。
20071005-od05

20071005-od06

20071005-od07

20071005-od08

これまたポコポコ外れるし、スモークウィンドウもペタペタ落ちるし、いや~、車のプラモデルって大変。ま、そんなわけで完成です。
20071005-od11

20071005-od12

テールランプは、もちろんクリアー。そのまま付けるとZ1-Rの時みたいに下地の黒が透けて、ブラッククリアーみたいになっちゃうから、ランプの裏にメッキシールを貼って、クリアー感をさらに引き立ててます。

あ、車高を下げようとしてたんだけど、初心者がヘタなことすると、取り返し付かなくなりそうだったので、今回はそのままにしておきました。すんまへん。

とうとう完成

画像は、クリックすると大きく表示されます。

う~、まだまだだよな~・・・。自分としては、「作り上げた」という満足感でいっぱいなんだけど、見てる人は「なんじゃこりゃあ」って感じだろうな~。いや~、申し訳ない。次から更なる向上を目指して頑張りますから。

ここまで追って見ていた皆様、ありがとうございます。第三弾は既に決定して、キットは購入済みです。

この記事は、2007年10月5日に書かれたものです。FC2の旧ブログからの引っ越しに伴い、加筆、修正しました。